販売系人材派遣の歴史

販売系人材派遣の歴史

派遣という働き方は、社会問題として取り上げられたりドラマにもなったり、すっかり一般的に認知されました。ところで、派遣社員が物品販売や営業などの業務に参加できるようになったのは、いつ頃からの事なのでしょうか。派遣の働き方が日本に登場したのは、1960年代であると言われています。それまでも人足貸しなどの仕事は存在しましたが、あくまでも真っ当な商売ではないと見られてきました。しかし、次々に派遣業を扱う会社が増え、派遣業に就く人の数も増えて行ったため、1986年に労働者派遣法が整備されました。しかし、当時は専門的な技術を要する13職種のみに限って派遣社員の存在が許されていました。これは、当時の派遣社員募集が、あくまで企業側の臨時雇用であり、そのため専門的な知識やスキルを有し、かつ即戦力となりうる人材に限られていたためです。しかしその後、働き方や雇用形態の変化に伴い、数回の法改正を経て、いくつかの禁止職種を除き、事務や営業、販売業と言ったあらゆる職業で、派遣社員の雇用が可能となりました。1990年代後半の事です。即戦力を求められたかつてとは違い、現在では正社員より安い賃金で、短期間で雇用できるメリットを重視して派遣社員を募集する会社が多いようです。商品を売るために、多くの支店や人員を必要とする販売系職種でも、今やたくさんの派遣社員が働いています。正社員並みのスキルを求められる事もあり、派遣社員のあり方も、大きく変化したと言えるでしょう。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 販売系人材派遣の歴史 All Rights Reserved.